先輩「生涯設計デザイナー」紹介

働きやすい環境が整っていて、子どもを育てながら活躍できる理想的な環境です。

小林 由美子(こばやし ゆみこ)さん

松本支社 県央営業オフィス
2002年入社

収入の心配をしないで、
育児に専念できる制度がありがたい。

長男を出産後、加入しようと思った保険の内容がなかなか理解できずにいたとき、「第一生命のセミナーに参加して、保険の勉強をしてみませんか」と誘っていただいたことが入社のきっかけ。以前は美容師をしていましたが、ちょうど仕事を探しはじめていたころでした。
初めは、自分にはできないかもしれないと不安がありました。
でも、研修中に担当地区で初めて保険のご契約をいただき、自分を信頼してご契約いただいたお客さまへの感謝とともに責任を感じ、この仕事を続ける強い気持ちが生まれました。
その後、実家のある松本へ転勤し、一年半ほどで三人目の子どもを授かり、「産前産後休暇」、「育児休業」を取得。復帰してからも、子どもが保育園に慣れるまで「育児のための始業時間・終業時間の特別取扱」を活用して、送り迎えの時間に合わせて朝夕の出退社時間を調整することができました。保育園の利用料を 補助してもらえる「育児サービス経費補助」もとてもいいですね。働くママのライフスタイルに合わせて待遇してもらえる仕事はなかなかありませんので、安心して育児に専念できる福利厚生制度はとてもありがたいと思います。

家族、会社の仲間、
お客さまに支えられて、今の自分がある。

先日のことですが、仕事ですこし遅くなり家に帰ると、テーブルに長男が作ってくれた夕食と手紙が置いてありました。これまでも、まだ小さい妹二人の面倒や 家の掃除などを手伝ってくれていたのですがご飯まで…。一番下の妹と添い寝している長男を見て、感謝と感動の気持ちでじーんとなりました。
私がこうして心置きなく働けるのは、第一生命では頑張ればその分評価され、資格も取れるということにやりがいを感じていることはもちろんですが、こうした家族の理解と支えがあってこそだと思います。その分、家族との時間はとても大切。毎年2〜3回の旅行は家族みんなの楽しみです。
仕事のことでいちばんうれしかったのは、私のチームのさまざまな取り組みが評価され、全国で数あるチームの中から最優秀チームに選ばれたこと。子育て中の人や家族の介護をしている人など、家庭の事情を抱えながら働いている人もいますが、一人で補いきれないところはチームワークで支え合っていこうというあたたかい雰囲気があります。大変なことも上司、先輩、チームのみんなの協力で乗り越えてきましたし、そうした会社の仲間やお客さまのおかげで今の自分があるのだと、感謝の気持ちを忘れたことはありません。

※所属は、2014年3月1日現在です。

CHECK!

働く安心を支える「福利厚生制度」

第一生命では休暇制度と各種社会保険を充実させ安心して仕事ができるような環境を整えています。
詳しくはこちら