先輩「生涯設計デザイナー」紹介

学歴に関係なく一生懸命頑張った分、評価してくれる会社。

梶村 由紀乃(かじむら ゆきの)さん

豊田支社 三好営業オフィス
2007年入社

まずはやってみる。
考えるのはそれからでもいい。

前職は銀行に11年間勤務、2人目の子どもの出産を機に退職しました。その後、在宅で内職しながら主婦をしていましたが、社会から取り残されていく不安が募りパートタイムで働くことに。でも、私にはやっぱり物足りなくなってきて。「もっとやりがいと責任のある仕事がしたい」と思っていたところ、正社員で働いていた頃からお付き合いのあった第一生命の方に電話をいただいたことが入社のきっかけでした。
実は話をすることが苦手な私には、人と毎日接するこの仕事が務まるのかという不安がありました。でも、自分でやろうと決めたからには、挑戦してみよう、と。

そう思ったのは、第一生命では以前の会社で悔しく感じていたような学歴による待遇差はなく、頑張りをきちんと評価してくれる仕組みがあったから。最初は、お客さまとなかなかコミュニケーションがとれず落ち込むこともありました。でも、いつもオフィスの上司や先輩が気にかけてくれ、声をかけてくれたりアドバイスをいただいたり。さらに研修に参加し学んだことを実践していくと、次第に多くのお客さまとお会いできるようになりました。今ではお客さまを訪問すると、仕事と関係なく私が話しこんでいるなんていうことも。お客さまの笑顔や「梶村さんが担当で良かった。これからもよろしくね」という言葉は、私のエネルギー源。そうした出会いは心を豊かにしてくれる貴重な機会です。

子どもの夢を応援できる。
それがうれしい。

子どもたちは、小さいころからたくさんの習い事をしています。子どもにはいろいろな経験をしてほしいと思いますね。娘は特にエレクトーンに真剣に打ち込んでいて、将来は音楽大学に進学したいという夢が。娘は娘で夢に向かって一生懸命努力していますが、その夢を私が働くことで応援できる。専業主婦をしていたらできなかったことだと思います。息子も娘とご飯を作って待っていてくれるなどお手伝いも楽しんでしてくれるようになり、頼もしくなってきました。
習い事への送り迎えは大変ですが、その時間は私の趣味の時間。ドライブが大好きなので、愛車でお気に入りの音楽を聴きながらの道中は、とても楽しく気分転換にもなります。
そして、私自身の夢ももちろん家族のこと。将来、娘に子どもが生まれたときに「孫誕生休暇」を利用して、盛大な旅行に家族全員を招待したい。それができるお祖母ちゃんになりたいですね。

※所属は、2014年3月1日現在です。

CHECK!

やる気とセンスを求める「特別採用制度」

たとえば、現在お仕事をされている方が第一生命に入社する際には、給与面での不安があるもの。そこで所定の審査により一定の条件で給与を保障する制度を設けています。
詳しくはこちら