キャリアステップ

キャリアステップ

一人ひとりが目指すキャリアビジョンを実現できる環境が整っています。

人のために力が沸く、たくさんの新人職員に囲まれて充実した日々です。

藤倉 るみ子(ふじくら るみこ)さん

埼玉東部支社 吉川営業オフィス オフィストレーナー
2002年入社
オフィストレーナー
となったきっかけを教えてください
 営業経験はまったくなかったのですが、ご近所の方に「生涯設計デザイナー」の仕事を紹介されました。そのときに、自分の活躍するステージやチャンスがこの場所にはあるのではないかと思い、思い切って入社を決めました。入社してからは「生涯設計デザイナー」の仕事はいろいろな目標を立てて一つひとつをクリアしていく達成感やたくさんのお客さまに出会えることがとても楽しくて、ずっと続けていきたいと思っていました。
ところが、入社してから5年が経ったころに一緒に仕事をしていた実母が亡くなってしまい、ショックのあまり塞ぎこんでしまうことが多くなっていました。そんなときに、上司から私と同じように営業の仕事が楽しいと思う「生涯設計デザイナー」を育成する道を歩んでみてはどうかという話をいただきました。
どのようなことを仕事へのやりがいとして感じていますか?
 オフィストレーナーは、入社した新人職員が「生涯設計デザイナー」としてのスキルを身に付けることができるよう指導していくことが主な仕事です。自分一人ではできないと諦めてしまいそうなことでも、新人や後輩職員のためを思うと力が沸いてきます。オフィストレーナーという仕事は子育てをしている母親のような感じですね。一緒にさまざまな目標に向けて頑張っている新人職員を指導するのは、いつも楽しいことばかりではありません。けれども、目標を達成できたときの喜びは、自分一人のときでは味わうことができない格別なものです。そして、私自身も日々成長していけることを知りました。今はたくさんの新人に囲まれて、毎日が楽しく、充実しています。
入社を考えている方へメッセージをお願いします
 子育てをしながら、キャリアアップをすすめてくれる会社であることがとても魅力でした。そして、この仕事はさまざまな人との出会いやつながりが広がる仕事です。私もたくさんのお客さま、上司、新人職員と出会い、想像もできなかった喜びを感じることができました。そして、今は本当にこの仕事に出会えて良かったと思っています。
夢は見るものではなく実現するもの、目指すはみんなで日本一のオフィスにすることです。

大和田 由美子(おおわだ ゆみこ)さん
成田支社 そうさ営業オフィス オフィス長
1998年入社

オフィス長になったきっかけを教えてください
 「息子の大学への資金を私が貯めよう」と思い、「生涯設計デザイナー」の仕事を始めました。そして10年が経ち、最初の目標である大学資金をしっかりと準備することができました。そんなときに、当時の上司から指導者への道を勧められました。それまでは、営業の仕事がとても楽しかったので、指導者の道に進むことは考えていませんでした。しかし、指導者へ進むチャンスを与えてもらえたことに感謝し、オフィス長になったからには「生命保険の仕事を通して一人でも多くの人を幸せにしたい」と思って、オフィス長業務に取り組んでいます。
オフィス長という仕事のやりがいを教えてください
 「生涯設計デザイナー」の日々の活動を指導し、担当オフィスを発展させていくのがオフィス長の仕事です。そのため営業活動の指導だけではなく、その業務は多岐に渡っています。一つの組織を経営するということは、さまざまな困難や壁にぶつかることもあり、何十人という職員を指導していく責任の重い仕事でもあります。けれども、その分やりがいも大きく、職員が目標を達成できたときの喜びは格別です。目指すは日本一のオフィスにすること。よろこびをオフィスの皆と分かち合えるからこそ、達成感があり、それがこの仕事の醍醐味でもあります。
入社を考えている方へメッセージをお願いします
 第一生命は歴史のあるとても大きな会社です。私と同じようにオフィス長の職についている女性が全国にたくさんいますし、営業の大先輩はもちろん、支社長や営業部長、定年を迎えた先輩方からもいろいろなアドバイスをいただけます。そういったさまざまな方々に支えられてきたからこそ、今の私があると日々感謝しています。
人との出会いが自分を磨き、「自己成長」させてくれる仕事。

礒部 厚子(いそべ あつこ)さん
仙台総合支社 仙台コンサルティング営業室 営業部長
1985年入社

営業部長という仕事のやりがいを教えてください
 営業部長は担当するエリアのオフィス長にオフィス経営を指導していくことが主な仕事です。オフィスを直接経営していくのがオフィス長の仕事ですが、営業部長はオフィスを通して間接的に経営していく仕事です。また、さまざまなオフィスの経営者をまとめていくためには、業務を円滑に遂行していくだけではなく、人間性を高めていくことなども求められます。そして、同じように後輩の営業部長やオフィス長を育成していくことも私の大きな使命です。たくさんの人に囲まれて「自己成長」させてくれることが、この仕事のやりがいですね。
キャリアアップを目指したきっかけを教えてください
 最初から指導者の道を目指していたわけではありませんでした。「オフィス長になってみないか」という話をもらったときには、「責任の重い仕事が務まるのか」と不安に思うこともありました。そのときに上司が「チャレンジしてみて駄目だったらそのときに考えればいい」と背中を押してくれました。また、営業部長になった最初のころは戸惑いも多かったのですが、周囲にはお手本となる先輩の女性営業部長がたくさんいました。そんな上司や先輩方の支えがあったから、ここまでステップアップすることができたのだと思っています。
入社を考えている方へメッセージをお願いします
 私には3人の子どもがいて、入社してから通算11年間も保育園通いをしながら仕事をしていました。その子どもたちも今では社会人です。今は営業部長として仙台に単身赴任していますが、もちろん子どもが小さいときには考えられなかったことです。子どもの成長と共に、その時々で迷いながら仕事と育児の両立だけではなくキャリアアップの道を歩んでこられたのも、この仕事だったからです。
入社して人生が変わりました。第一生命には女性が活躍できる場所があります。

播磨 美弥子(はりま みやこ)さん
名古屋コンサルティング営業室 支社長
1983年入社

支社長という仕事のやりがいを教えてください
 支社の運営全般や営業部長、オフィス長の指導やアドバイス、企業への訪問など支社という組織を統括するのが支社長の役割です。組織には営業部門だけではなく内勤のスタッフも数多くいます。携わっているすべての職員に仕事の達成感とやりがいを感じてもらえるような組織にしていくことを目標に日々取り組んでいます。たくさんのお客さまはもちろん、部下や仲間を守っていくことに責任の重みを感じることもたくさんありますが、女性が活躍できるこの仕事にとてもやりがいを感じています。
キャリアアップをしてきて感じたことを教えてください
 さまざまな立場に立つことで自分自身が成長できるのが、この仕事の醍醐味だと思っています。オフィス長や営業部長などそれぞれの立場によって人の動かし方も経営も違ってきます。その時々で新たに違った視点で物事を考え、チャレンジしていくことで自分が成長を遂げることができるのです。時には涙することや辛いこともありました。けれども無我夢中で仕事をして、お客さまや部下、仲間のために熱い想いで頑張ることができ、自分の成長が明確に見えたときの喜びは格別です。もちろん、家族の支えも重要でした。支社長に昇格したとき、夫が心から「おめでとう」とお祝いをしてくれました。そんな夫の支えもあったからこそ、ここまで頑張ってこられたのかもしれません。
入社を考えている方へメッセージをお願いします
 29歳で「自分を変えるチャンスになるかもしれない」と思い、この仕事に飛び込みました。そのときは、将来の自分が今のような立場に就いていることを想像もしていませんでした。私は第一生命に入社して人生が変わりました。生涯設計デザイナー、オフィストレーナー、オフィス長、営業部長それぞれの中で自分が成長できたのは、たくさんのお客さまはもちろん部下や仲間たちがいる第一生命の力だったと思っています。

※所属・役職は、2014年3月1日現在です。